学生さんのお金事情とは

大人や子どもに関わらず、お金欲しいな、もっとあればいいのにと思うときはあります。
また学生でも特に大学生にもなると、高校生の時とは違って自分でお金を扱う機会が増えるし金額も変わってきます。
それに、学校ではお金の扱いなんてほとんど教わっていないです。
それで、お金との付き合い方について参考にする大人というの親ぐらいしかいなくて親自体も正しくお金を理解できているかわからないし、学生というのはお金に慣れていないのが正直なところだと思います。
それでお金を使う優先順位だったり、どれにどのぐらいのお金を使うのがベストなのかわからなかったり、今の自分の所持金でやりくりしていくというのは最初のうちはうまくできないこともあります。

もちろん、大学に入ると飲み会だったり交友関係の幅も増えてくるぶん初めてのことで予想以上に出費がかさんでお金が足りなくなったりすることもあると思います。
それで、一番は大学に入ると私服になるので予想以上に洋服代がかさんで困ると思います。
それまで、制服で過ごしていたら洋服もあまり持っていなかったりするし、やっぱり同じ服を頻繁に着ていくのは若い時には恥ずかしいから洋服代がかかってしまってお金が足りないということもあります。
そんな時は、先輩にお古の服を譲ってもらったりネットオークションとかで安くていい服を買ったりして洋服代を抑えたりします。

た、やっぱり20歳を過ぎるとお酒を飲むようになるので、飲み会でのお金がジュースよりもお酒になったぶんだけ飲み代が高くなるので貧乏学生には懐が痛みます。
そんなときは安く買えるお酒屋さんで友達どうしでお金を出し合って家で飲んだほうが安くなるので、お金がない時は家飲みに限ります。
他には、部活のお金もけっこうかかって困ります。
遠征費だったり、それに伴う宿泊費だったり交通費や飲食代がするわけでお金はかかります。
そんな時は部活で忙しくてバイトとかもあまりできないので収入も減ってしまうので、よく大学生でも借入可能なカードローン《学生借入》を利用していました。
いずれは返さないといけないものですが、私は「とりあえず」の手段として利用していましたよ。