悪くはないけど、昔のイメージが強い

小さい頃からのドラマなどの影響も、すごく強いとおもいますが、やはり、消費者金融は、怖い方々がバックについていて、違法な利子や取り立てをされ、借りた方の人生をメチャクチャにされてしまう。っといった、イメージが強くあります。

家のインターホンを連打しまくったり。
玄関を叩いたり。
時には、近所迷惑になるほどの大声で罵倒したり。
勤め先や学校などにも、顔をだす。
明らかに風貌が怖い男の男性が二人。
「といち」のような、明らかに違法な利子の設定。

ヤミ金と消費者金融は、まったく違うのはわかってはいます。

けれど、何故かいつからかわからないのですが、一緒になってしまっているのがゲンジョウなんです。

イメージとして、消費者金融は、基本は無担保で貸してくれるから、返済できる見込みのない状態の人はでは、絶対に借りては行けない!

けれど、1週間後に確実に返済できるだけの給料が銀行に入るけど、明日の大切な友人の結婚式に御祝い包まなきゃいけないなどで、どうしても現金が必要。

そんな場合のみ、そんなときだからこそ、借りる貸していただける、会社だともおもいます。

少額のピンチを手軽に乗り切る1つの手段、方法として、頭の片隅にはあったらいいかなぁ。

貸し入れとは・・・http://www.sansu-ict.jp/

簡単に借りれそうなイメージもありますが、消費者金融でも大手の銀行系のところが主流なので、簡単に・・っていうのではなさそうですね。

住宅ローンや車ローンなどは、クリーンなイメージ。

銀行から、借りれない方々が借りる場所が、消費者金融とゆう流れでいるはずです。

現金をどうしても必要になるときは、生きていく中でたくさんあります。

なので、消費者金融を利用している方を悪いとは思いません。思ったことはありません。

ただ、消費者金融から無計画にお金を借りることだけが、駄目だと思います。

その場しのぎの、借り方では、今はいいかもしれないけれど、1週間後、1か月後、自分をふくめた家族にだって、迷惑がかかります。

それに、消費者金融の方々にも迷惑がかかります。

自分だけのことではなく、全ての自分にかかわる人のことを少しでも考えて行動することが、優しさにつながって、みんなが笑顔で生活していけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です