保育料

保育料とは、そのままで子供を預け、面倒を見てもらうところに支払うお金のことです。

働くママさんたちにとっては、就労時間中に子供を預かってくれる保育園は必要不可欠な存在ですよね。働いている間、プロの保育士さんが子供の面倒を見てくれているのだから安心して預けて働くことができますよね。

ただ、安心や働けるっていう裏には保育料の高さっていうのがあるんですよね・・・子供を保育園に預けて働いていても保育料を支払うと±0だったりマイナスになるっていうケースだってあります。何のために働いているのか分からなくなりますね。

マイナス収支とまではいかないとしても、毎月絶対に掛かる費用なので少しでも安くなったら・・って思いますよね。

自治体によっては、認可保育園の保育料の計算方法は異なるのですが、大まかな原則は同じとなっています。
やむを得ない事情がある場合には、保育料の減免制度があるので安心してください。

ちなみにこういったところで借りることもできます。

参考⇒保育料払えない
まず、保育料ってどのようにして決まるのか??

保育料は自治体によってかなりの差があるのですが、家計に与える影響を考慮して決定するという原則は同じですが、市区町村によって、保育料の額や減免の額が異なってしまうのです。

東京都の新宿区と神奈川県の横浜市だと同じ条件で2万円も差がありますからね。

3歳未満の子供のほうが3歳以上よりも割高になる自治体がほとんどです。
子供が1人だけよりも2人いたほうが割安になったり、3人目以降の子供については保育料を無料としている自治体が多いようですね。

世帯の所得とは父母の所得が合算されます。前年の所得が基準となります。ただし、保育料は住宅取得等特別控除や配当控除などの税額控除を差し引く前の所得税額で計算が行われるので注意してくださいね。

保育料が免除される場合というのは、世帯全員の区市町村民税が非課税または免除されたとき・本年中に災害や盗難等による損失を受けた時・本年中に多額の医療費の支出があった時・本園中に扶養家族が増えた時・主として生計を維持している人が失業した時など減免される条件がいろいろとあるので各当しそうな場合には確認してみてくださね。