ノートパソコンを買った時の達成感とワクワク感

私は最近ノートパソコンを買いました。パソコンと言うと10万円はするだろうと思っている人が多いですが、そんな事もないです。今の時代は本当に便利になったもので、パソコンの安い奴だと1つ3万円で買える奴もあります。3万円と言うと私が買ったセール品のPS4より安い計算になります。

そんな安いパソコンもありますが、私が買ったのは10万円もするソコソコ高価なパソコンを買いました。私は凄い臆病で昔から物事をよく考えないと先に進めないタイプの人間でした。漫画を買うにもこれ買って後悔したらどうしようとかゲームを買うにしてもつまらなかったらどうしよう?とかとにかく悩んで悩んで悩みまくる人間でした。

だからこのパソコンを購入する時何か2週間くらい悩みました。私は元々パソコンがどうしても欲しかったんです。パソコンで在宅ワークにチャレンジしたかったし、動画をパソコンに移動させたかった、それに音楽もパソコンの中に取り込みたかったです。

私は最初パソコンが欲しいと思ったときに、とりあえずパソコンがどれくらいの値段で売っているかを街の電気屋さんに行き調べて見る事にしました。

安い奴で先ほど言った3万円から高い奴で20万する超高価な物までありました。私はその時に一番安い3万円の物を買おうとしました。その時私の癖であるこれ買って後悔しないかな?と言う感情が出てきました。

その感情が時間が経つにつれてみるみる高くなっていき、とりあえず今日買うのはやめておこうと決断しました。後で思ったのですが、今回ばかりは決断にしたのは正しかったと言えます。

その日私は買わないと決断したのですが、このままでは帰れないと思い、安いパソコンと高いパソコンの違いを店員さんに聞く事にしました。丁度良く近くにいた眼鏡をかけた若いお兄ちゃんがいたので、その人に声をかける事に。

そのパソコンに詳しそうな若いお兄ちゃんに話を聞くと、どうやら安い奴だと処理速度が遅かったりパソコンの中の容量が非常に少ないらしい。私はその話を聞いて背筋がぞわっとした感覚になりました。

あのまま適当に安い奴を買っていたらメチャクチャ後悔する所だったと、私は音楽や動画をパソコンに入れたかったのに容量が少ないんじゃまるで意味がないです。私は更にその人に話を聞き10万円もするパソコンが一番バランスが良いですよと教えられ、私は1週間後に同じ電気屋さんで現金13万を持ってそのパソコンを買ってきました。

今でもそのパソコンは愛用ですし、高い買い物をした商品なので愛着が凄いありますね。最初の1か月間はそのパソコンを起動させるたびにワクワクした感覚がありました。しかし一気に大金を使ってしまったので、今は金欠でピンチです。生活が困るレベルになったら、お金を借りるしかないですかね。

主婦の味方カードローン

上の子どもがこの春高校生になった途端、お金に困るようになりました。
中学までは義務教育でしたので、毎月学校から引き落としされる額は、給食費を入れても1万円あればおつりが来るといった状態でしたが、高校生はやはり義務教育ではなく、学校で使う教材はもちろん、お昼もお弁当なので家の家計負担は必須ですね。

そうなるとどこから削っていくかとなれば、私の交際費、洋服代、夫のおこずかいから順に削っていく感じになります。
本来ならお金がないのであれば、専業主婦である私が働ければ少しは家計も楽になるのかもしれませんが、下の子がまだ小学生低学年でもし病気になっても、代わりに面倒を見てくれる人はいなく、自分自身もあまり体調が良くないので外で働くことは出来ません。

なのでどうしてもピンチになってくると私の実家の父に連絡をし、子供(孫)が勉強するのに必要なものがあるからとか、習い事を始めるから?とか、今月家計がピンチだから?とお願いして、ある程度のお金や食料品を援助してもらうといった感じです。
それが何回か続いてさすがに言えない・・・という時には主婦でも借りれるカードローンです。
家族に内緒で借りれるし、最短だと即日融資もしてもらえるのでとても助かっています。

それでも急な出費が出る時があるので、その時は私が専業主婦になってから少しずつ貯めた収入を切り崩して使っている状態ですが、このままだと私が貯めていた収入もあっという間に底がつきそうな状態です。

今後もまだまだ子供たちへの教育費等でお金に困ることが多々あると思いますが、夫の給料があがるということはまず有りえないことだと思いますので、40代になって親のスネをかじるということはとても恥ずかしいことではありますが、親に少し援助してもらいながら、気になっている家のローンの借り換え、節約料理などを心掛け、食費を少し減らしたりなど。

私自身、平日の友達との交際費を減らしてその分の時間を在宅で出来る仕事をしたり、少しでも家計の足しにしていくしかないのかな?と思って今まさに色々と行動しているところです。

学生さんのお金事情とは

大人や子どもに関わらず、お金欲しいな、もっとあればいいのにと思うときはあります。
また学生でも特に大学生にもなると、高校生の時とは違って自分でお金を扱う機会が増えるし金額も変わってきます。
それに、学校ではお金の扱いなんてほとんど教わっていないです。
それで、お金との付き合い方について参考にする大人というの親ぐらいしかいなくて親自体も正しくお金を理解できているかわからないし、学生というのはお金に慣れていないのが正直なところだと思います。
それでお金を使う優先順位だったり、どれにどのぐらいのお金を使うのがベストなのかわからなかったり、今の自分の所持金でやりくりしていくというのは最初のうちはうまくできないこともあります。

もちろん、大学に入ると飲み会だったり交友関係の幅も増えてくるぶん初めてのことで予想以上に出費がかさんでお金が足りなくなったりすることもあると思います。
それで、一番は大学に入ると私服になるので予想以上に洋服代がかさんで困ると思います。
それまで、制服で過ごしていたら洋服もあまり持っていなかったりするし、やっぱり同じ服を頻繁に着ていくのは若い時には恥ずかしいから洋服代がかかってしまってお金が足りないということもあります。
そんな時は、先輩にお古の服を譲ってもらったりネットオークションとかで安くていい服を買ったりして洋服代を抑えたりします。

た、やっぱり20歳を過ぎるとお酒を飲むようになるので、飲み会でのお金がジュースよりもお酒になったぶんだけ飲み代が高くなるので貧乏学生には懐が痛みます。
そんなときは安く買えるお酒屋さんで友達どうしでお金を出し合って家で飲んだほうが安くなるので、お金がない時は家飲みに限ります。
他には、部活のお金もけっこうかかって困ります。
遠征費だったり、それに伴う宿泊費だったり交通費や飲食代がするわけでお金はかかります。
そんな時は部活で忙しくてバイトとかもあまりできないので収入も減ってしまうので、よく大学生でも借入可能なカードローン《学生借入》を利用していました。
いずれは返さないといけないものですが、私は「とりあえず」の手段として利用していましたよ。

悪くはないけど、昔のイメージが強い

小さい頃からのドラマなどの影響も、すごく強いとおもいますが、やはり、消費者金融は、怖い方々がバックについていて、違法な利子や取り立てをされ、借りた方の人生をメチャクチャにされてしまう。っといった、イメージが強くあります。

家のインターホンを連打しまくったり。
玄関を叩いたり。
時には、近所迷惑になるほどの大声で罵倒したり。
勤め先や学校などにも、顔をだす。
明らかに風貌が怖い男の男性が二人。
「といち」のような、明らかに違法な利子の設定。

ヤミ金と消費者金融は、まったく違うのはわかってはいます。

けれど、何故かいつからかわからないのですが、一緒になってしまっているのがゲンジョウなんです。

イメージとして、消費者金融は、基本は無担保で貸してくれるから、返済できる見込みのない状態の人はでは、絶対に借りては行けない!

けれど、1週間後に確実に返済できるだけの給料が銀行に入るけど、明日の大切な友人の結婚式に御祝い包まなきゃいけないなどで、どうしても現金が必要。

そんな場合のみ、そんなときだからこそ、借りる貸していただける、会社だともおもいます。

少額のピンチを手軽に乗り切る1つの手段、方法として、頭の片隅にはあったらいいかなぁ。

貸し入れとは・・・http://www.sansu-ict.jp/

簡単に借りれそうなイメージもありますが、消費者金融でも大手の銀行系のところが主流なので、簡単に・・っていうのではなさそうですね。

住宅ローンや車ローンなどは、クリーンなイメージ。

銀行から、借りれない方々が借りる場所が、消費者金融とゆう流れでいるはずです。

現金をどうしても必要になるときは、生きていく中でたくさんあります。

なので、消費者金融を利用している方を悪いとは思いません。思ったことはありません。

ただ、消費者金融から無計画にお金を借りることだけが、駄目だと思います。

その場しのぎの、借り方では、今はいいかもしれないけれど、1週間後、1か月後、自分をふくめた家族にだって、迷惑がかかります。

それに、消費者金融の方々にも迷惑がかかります。

自分だけのことではなく、全ての自分にかかわる人のことを少しでも考えて行動することが、優しさにつながって、みんなが笑顔で生活していけると思います。

保育料

保育料とは、そのままで子供を預け、面倒を見てもらうところに支払うお金のことです。

働くママさんたちにとっては、就労時間中に子供を預かってくれる保育園は必要不可欠な存在ですよね。働いている間、プロの保育士さんが子供の面倒を見てくれているのだから安心して預けて働くことができますよね。

ただ、安心や働けるっていう裏には保育料の高さっていうのがあるんですよね・・・子供を保育園に預けて働いていても保育料を支払うと±0だったりマイナスになるっていうケースだってあります。何のために働いているのか分からなくなりますね。

マイナス収支とまではいかないとしても、毎月絶対に掛かる費用なので少しでも安くなったら・・って思いますよね。

自治体によっては、認可保育園の保育料の計算方法は異なるのですが、大まかな原則は同じとなっています。
やむを得ない事情がある場合には、保育料の減免制度があるので安心してください。

ちなみにこういったところで借りることもできます。

参考⇒保育料払えない
まず、保育料ってどのようにして決まるのか??

保育料は自治体によってかなりの差があるのですが、家計に与える影響を考慮して決定するという原則は同じですが、市区町村によって、保育料の額や減免の額が異なってしまうのです。

東京都の新宿区と神奈川県の横浜市だと同じ条件で2万円も差がありますからね。

3歳未満の子供のほうが3歳以上よりも割高になる自治体がほとんどです。
子供が1人だけよりも2人いたほうが割安になったり、3人目以降の子供については保育料を無料としている自治体が多いようですね。

世帯の所得とは父母の所得が合算されます。前年の所得が基準となります。ただし、保育料は住宅取得等特別控除や配当控除などの税額控除を差し引く前の所得税額で計算が行われるので注意してくださいね。

保育料が免除される場合というのは、世帯全員の区市町村民税が非課税または免除されたとき・本年中に災害や盗難等による損失を受けた時・本年中に多額の医療費の支出があった時・本園中に扶養家族が増えた時・主として生計を維持している人が失業した時など減免される条件がいろいろとあるので各当しそうな場合には確認してみてくださね。

やはり借金!借りたら返す?

正直イメージは悪いです。

でも、本当は借りる側に問題があるのは事実。
なん年か前に、取り立てが厳しくて摘発されてる!と言うイメージがキツクある!

違う会社だと判っていても、そう言うイメージが離れない。
借りたら最後、借りたお金以上に取り立てます!(当たり前ですね)しかも地獄の果てまでも、追いかけます。

それでも借りる方がおられるのも事実。
お金を借りるのに抵抗は無いのか?

皆さんが皆さんではありませんが、返さない方が多い気がします。
借りたら返す!

当たり前の事。
消費者金融会社も、お商売なので貸して初めて商売になります。

だから貸します?気軽に借りれます。
コマーシャルなんか見ていたら、利便性があり、簡単?って感じが怖い。

ある意味銀行みたいなものなのですが、消費者金融って言葉だけで、引いてしまいます。
借りなければ良いのに…。でも、銀行には借金あるのは?

それも同じなのか?やはりイメージ。
高利、強引な取り立て、なんか南の帝王みたいです。いずれにしても、出来るだけ借りたくないです。

でもカード使うのです。(笑)
一括ですが、使います。

何か矛盾してますね。

結論

銀行も消費者金融も同じ!
借りたら返す?

返さない奴がいるから、取り立てる。
仕事して、お給料もらえなかったら怒るだろ。

消費者金融も同じ!仕事して、お給料もらえなかったら困ります。

借りる奴は、借りる時はヘコヘコして借りにくるが、借りたら最後!
借りたもん勝ち。

だから、借りた奴がイメージを悪くしている。

でも、なぜか?
悪いのは消費者金融会社。(笑)